HOME | プロフィール

プロフィール

 PROFILE

 

神保 康広
JIMBO YASUHIRO

略歴

1970年 東京都墨田区生まれ。
 
16歳の時にバイクの事故で脊髄損傷に。失意と絶望の中、約2年間に渡り引きこもりの生活を送った。88年、熱心な友人の勧めで車椅子バスケットボーを始め、90年からは名門「千葉ホークス」で活動。以後、日本選手権3連覇を含む、6度の全国制覇に貢献。また、92バルセロナ、96アトランタ、00シドニー、04アテネパラリンピックに、日本代表として4期連続出場。
 
2000年1月千葉市役所を退職し単身渡米。アラバマ州レイクショア財団にて、障害者スポーツプログラムを学ぶ。また、同財団の車いすバスケチームに所属し、全米車いすバスケットボール協会(NWBA)2部で活躍。翌シーズンに、全米選手権優勝及びオールスターファイブを受賞。02年にはNWBAの1部の“デンバーナ・ローリング・ゲッツ”に移籍を果たし、最終成績は全米選手権ベスト4。
 
06年に自身の海外経験を活かすべく、国際協力機構(JICA)の活動でマレーシアに渡り、同国で車いすバスケの普及とナショナルチームのコーチに就任。同年11月に開催されたフェスピック大会で指揮をとる。その後は帰国し、本業であった車いすメーカ勤務にしばし専念。
 
15年秋、日本パラリンピック委員会(JPC)派遣事業で、アフリカ・ジンバブエ国の短期普及活動に従事し、翌年も再訪。また、17年4月からは本業の傍ら、日本財団パラリンピックサポートセンターの「あすチャレ!スクール」講師を務める。なお、この活動は21年夏まで継続予定。
 
18年8月、ドイツで開催された、世界選手大会で英国代表チームのスタッフとして参加。男子は史上初の金メダルを獲得、女子も過去最高順位となる銀メダル獲得に貢献。選手としてではないが、日本人で初めて世界選手権決勝のコートに立ち、金・銀メダルを獲得。
 
19年7月、オランダで開催された、女子欧州選手権大会に英国代表のサポートスタッフとして参加し、準優勝獲得。さらに、同年9月、ポーランドで開催された、男子欧州選手権に参加して優勝。これにより、男女とも東京パラリンピックの出場権を獲得した。
 
20年5月、東京パラリンピンピックがコロナウィルス(COVID19)の影響で延期となる事態を受け、所属企業と英国代表チームのスタッフを退き、新たな挑戦に向けて再出発した。具体的には講演活動をはじめ、パラスポーツの普及活動や発展途上国における活動も視野に入れて。さらに、近年社会で求められているダイバーシティなど、自らの経験を踏まえて社会に広く伝える活動も展開する。全ての人が自分らしく幸せに生きることができる社会を目指し奮闘中!
 
  

座右の銘

 「自分らしく、自分のために、自分の人生を生きる!」
 
 
さもすれば、身勝手でわがままなだけの言葉。しかし、自分を好きになり、自分の責任において、人生を歩むことが大切ではないだろうか。また、何を信じればいいのか、迷うような時代だからこそ、自分自身を信じて生き抜く覚悟が必要。そして、自分が幸せであれば、他人も幸せにできるはず。誰かのために「やってあげる」精神ではなく、自分が「やりたいからやる」精神の方が心地よい。もし、何かで成し遂げることができたなら「感謝」を忘れずに。
 
でも、もし何かで失敗して挫折しそうになったら、常に「自分」と向かい合う。失敗したっていい。失敗は罪でも悪でもないのだから。また違う方法や道を見つけて進めばいい。何度でも何度でも。人生は常に挑戦!死ぬまで成長!そんなポジティブの輪を世界中に広げていきたい。諦めなければ何とかなる!そのことを自らの行動で示していく。きっと諦めるのは死の直前かお墓に入ったあとの祭り(笑)それが「自分らしい生き方」だと信じ、今を一生懸命生きている自負はある。
 
 

 

解説:毎年自分宛てに送っている年賀状にも座右の銘を書いている。左は2018年戌年(年男)、右は2020年の年賀状である。